スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

12月1日施行『特定電子メール法』

 2008-12-01
■12月1日施行 『特定電子メール法』


【特定電子メール法の平成20年改】施行の日になりました。

この問題についてはメルマガ発行者の方は、今すぐに対策しておかないといけませんが、総務省のホームページを見ても、正直難しい表現が並べられていて、どう解釈したらいいのか理解しにくい部分も多いです。

そこで、今日はいくつかの点に絞って、特定電子メール法の対策について説明したいと思います。
まずは「特定電子メール」とは、何なのかを、もう一度しっかりと認識する必要がありますね。
難しい定義を並べても分かりにくいので、なるべく簡単で分かりやすく説明します。

特定電子メールとして対象になるメルマガはどんな物なのか?

これ全てのメルマガが対象になると考えていた方が、間違いないです。一部対象外になる物がありますが、アフィリエイト、宣伝、勧誘、広告など、営利営業目的以外の日記的メルマガでも、規制の対象になってくるようです。

対象外になるメールマガジンは、SNSや何かの団体などがメーリングリストに対して、情報提供やお知らせなどに使っているものは、特定電子メールに入らないそうです。

メルマガを発行している人にとって、一番重要であり知っておく必要があるのが、「何をしたら違反になるのか?」この部分になります。

万が一違反をしてしまっても、知らなかったでは済まされないので、確実に法に沿った対策が必要です。

まず、違反メルマガになるのは、発行者情報を載せないメルマガです。発行者情報をどの様に載せれば違反にならないのか、以下に具体例を書きますので参考にしてください。


●例1 個人の場合

発行者情報

氏名:渋谷太郎
連絡先:●●●@yahoo.co.jp
住所;東京都渋谷区0-0-0
解除アドレス:http://abcdefg.com

発行者が個人の場合は氏名を記載します。
必ず、本名でフルネームです。

メルマガ本文中ではニックネームでもOKですが、
発行者情報のところでは必ず本名を明記します。
例えば、タロー(渋谷太郎)

ニックネームプラス本名でもOKです。


●例2 会社や団体の場合

発行者情報

氏名:株式会社 オフィス渋谷
連絡先:●●●@yahoo.co.jp
住所;東京都渋谷区0-0-0
解除アドレス:http://abcdefg.com

発行者が会社や団体の場合は、
その会社や団体の名称を必ず記載します。

団体名を記載すれば、
代表者名は記載する必要はないそうです。


●例3 会社、団体、個人の場合

発行者情報

氏名:株式会社 渋谷太郎 又は個人名
連絡先:ホームページやブログのURL
解除アドレス:http://abcdefg.com

この3の場合は、リンクした先で、
氏名、住所、連絡先等が分かるようにしてある場合です。

連絡先の部分ですが、住所プラス、
メールアドレスか電話番号のどちらかを記載して、
必ず読者の方が連絡を取れるものに限ります。

※読者からのクレームや質問に対し、返信をしないでいると違反の対象になります。

解除アドレスは必ず必要ですが、ワンクリック解除でなくてもOKです。

ここまでがメルマガで義務付けられた主な内容です。

次に、読者さんのリスト管理(メールアドレス)についてです。12月1日以降、メルマガ発行者は必ず、取得したメールアドレスの情報を、管理することが義務付けになりました。

管理しなくてはいけない情報とはいつ、どこで、どのように取得した、メールアドレスなのかという情報です。以下のような形でエクセルなどに保存しておけばいいでしょう。



取得年月日 2008.11.28

アドレス  ●●●@yahoo.co.jp

取得先   無料レポートスタンド○○○

日々取得して増えていくアドレスを上記のような形で自己管理しておき、読者や警察から問い合わせがあった時に、しっかりと回答できるようにしておきます。

12月1日以前に取得した物については、対象外になるとの事です。

また、まぐまぐなどの無料レポートスタンドの場合、読者のリスト管理が出来ない状況ですので、この部分に関しては、各レポートスタンドの対応待ちになります。

特定電子メール法に違反した場合、罰則として、個人の場合は1年未満の懲役、もしくは100万円以下の罰金、法人の場合は3000万円以下の罰金になります。

基本的には、違反者にはまず、違反警告メールが来るそうですが、あまりに悪質な場合、警告無しで警察が来る場合もあるそうです。

メルマガ発行者には、面倒なことや厳しい条件が増えましたが、この法改正で迷惑メールが減れば、
真面目なメルマガを発行している人にはプラスになります。

確認の意味も含め、特定電子メール法に目を通しておいてください。

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律
(平成20年改正法による改正後の条文)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/h20kaisei_amendedtext.html
スポンサーサイト

メールマガジンの魅力

 2008-11-03
⇒ブログランキング応援に感謝です!


■メルマガアフィリエイトの魅力

メールマガジンを活用する意味と効果を考えた場合、やはり稼ぎやすい媒体と言うことが一番の理由になります。

大きく稼いでいるアフィリエイターの方に、メルマガを配信している人が多いのはなぜでしょう?
それは、単純に稼げるから。ただそれだけの理由でしょうか。

アドセンスや物販などのサイトアフィリエイトで稼いでいる人たちでも、メルマガを配信して稼いでいる人が多いです。メルマガを配信する理由は、人それぞれとは思いますが、なんとなくでも共通する部分が多々あります。

私の場合「日給8万円」と言う商材のセールスレターを見て最初にメルマガを配信することに興味を持ちました。ブログを始めて、3か月ぐらいのときです。

「ちょっと試してみようかな?」

調べてみると、まぐまぐが知名度、到達率などにおいて、NO,1でありその上無料で配信できることがわかりました。メルマガを発行するのは簡単です。無料ですし、ブログのように画像を貼ったりカスタマイズするなどの作業がありません。

文章を入力してレイアウトを整えて送信するだけです。

「まぐまぐ」でメルマガを発行してみようかな?と思った人はまぐまぐの発行者ヘルプを覗いてみてください!自分が考えているよりは、簡単に発行することが可能ですが、一応審査があり、あまりに内容の薄いものや、形になっていないものは審査で落ちますので、それなりの物を用意する必要はありますが、決して難しいものではありません。

あなたが希望するジャンルのメルマガを適当に選び、そのメルマガのバックナンバーの創刊号を見てみれば、審査通過の基準が分かるので、いくつかを創刊号を見て見るといいでしょう。

何故、どうしてメルマガを配信する必要があるかですが、冒頭に書いたように、まず稼げぎやすいと言うことが第一の理由としてあります。

ブログは待ちの媒体、メルマガは攻めの媒体と言われていますが、リストさえ確保できれば、いつでも好きな時に、自分からメーッセージを送ることができます。ブログの場合はそうはいきませんね。

しかしながら、ブログにはブログの魅力や特性があるので、メルマガとブログの良い所を活かして、連動させることで、より良い結果に結びつけていくことが可能になります。

⇒無料メルマガ配信スタンド【まぐまぐ】

⇒メルマガランキング

⇒発行するには

⇒新規発行申請

その他の無料配信スタンド

⇒インフォマグ

⇒melma(メルマ)

⇒メルマガ天国

⇒カプライト

有料配信システム
⇒独自メール配信システム【NEO】

⇒ブログランキング応援に感謝です!

メールマガジンの重要性

 2008-10-03
⇒ブログランキング応援クリックに感謝です!



■メールマガジンの重要性

ブログとメルマガという媒体は、アフィリエイト活動に必須の媒体です。まだメールマガジンを始めてない人は「ブログだけじゃ駄目なの」と思われるかもしれませんね。

ブログやWEBサイトだけでも、稼ぐことは可能ですし、無料ブログサービスなどを使うことで、最初にリスク無しで始められるメリットもあります。安定したアクセスを確保できれば、ほったらかしで売り上げを確保できたる可能性もあります。成功者の中には、ブログのみで結果を出されている方もいます。

しかし、継続して安定した成果を望むのであれば、「メルマガ」の発行は必要不可欠になってきます。
なぜかと言うと、ブログとメルマガ、それぞれが持っている、特徴に違いがあるからです。

よく言われますね、「ブログは待ちの手法」「メルマガは攻めの手法」

ブログの場合、検索エンジン等から自分のブログに、閲覧者さんが来てくれるのを待つ形になります。
閲覧者さんは、主に検索エンジンを使い、何らかのキーワードを入力することで、目当ての情報を得られるサイトを探します。その検索結果に私達のブログがヒットして、はじめて訪れてくれることになります。検索窓で調べるという行為は、閲覧者又はお客さん自ら行動する必要があります。

どんなに良い商品や情報を、自分のブログで紹介していても、そのブログを見て欲しいと思う時に、思うように見てもらう事が出来ない訳です。

一方、メルマガの場合は、閲覧者の意思に関係なく、メルマガを届けることが出来ます。
つまり、メルマガの場合は私達の意志で、相手に対して自らアプローチする事が出来る訳で、自分ががオススメしたい商品がある時や、届けたい情報などがある時に、積極的にアプローチしていけす。

このことは、ネットビジネスに限らず、とても重要なことになります。大企業などでも、WEBサイトでの集客とは別に、メールマガジンを使ってセールスしていますね。

例えば、何かの無料お試し商品や、無料サービスを利用した場合、後日、お礼のメールや、商品についてのアンケートなどのメールがメールボックスに届きます。

無料お試しをする時点で、メールアドレスの入力は必須になっています。この時点で、顧客リストになっている分けです。「購入見込み客」ですね。企業が大きな投資をして無料で商品を配るのか?一つは、その商品の使用感などの、リアルな意見等を収集することですが、もう一つ大きな狙いとして、「新規購入見込み客の獲得」があります。

無料お試しなどで獲得した、購入見込み客に対しての企業が行うことは・・・メールマガジンで一気にセールスをします。大きな先行投資をしても、回収することが可能だからこそ、メールマガジンというう媒体を、大企業も活用していることになります。

⇒ブログランキング応援クリックに感謝です!


メールマガジン(メルマガ)とは

 2008-09-14
⇒ブログランキング応援クリックに感謝です!



■メールマガジン(メルマガ)とは?

さて、ブログでの活動に慣れてきて、次のステップとして真っ先に考えるのが「メールマガジン」になります。企業を始め、アフィリエイトASP、ポイントサイト、情報起業家など、あなたの元にも、毎日多くのメールマガジンが届いていると思います。


そのメールマガジンについて、何回かに分けて説明していきたいと思います。
今回はメールマガジンとはどのような物かについてです。


電子メールを利用して発行される雑誌です。発行者が購読者に定期的にメールで情報を届けるシステムのことで発行元に自分のメールアドレスを登録することによって、次回発行時から届くようになります。

バックナンバー(過去の記事)は、Webサイト上で取り寄せられるようになっていることが多く、有料のものと無料のものがあります。無料のものには数行の広告が入っていることが多く、発行者は企業や個人など様々な人が発行しています。


内容も、企業による製品情報や、ニュース記事、特定の分野についての講座的な読み物、日記など、極めて多岐にわたります。


企業による定期的な情報配信は世界的にも一般的ですが、個人が発行するメールマガジンが数万種に及ぶ状況は、日本のメールマガジン(いわゆる「メルマガ」)文化に特徴的な所です。


その一番の理由としては、「まぐまぐ」のような、配信システムを無料で提供する事業者の存在により、個人が手軽に発行できる環境が整っている点や、インターネットの回線インフラの進歩が遅れたことから、相対的にWWWなどより電子メールの利用が先に広まり、情報メディアとして早期から注目を集めた点などが上げられます。


現在、メールマガジンを使ってのマーケッティングを取り入れて、会社、個人を問わす大きな成果を上げています。

>>>ブログランキング応援クリックに感謝です!<<<



⇒事項メールマガジンの意味

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール
数あるサイトの中でめぐり合えたのも何かの縁ですね!
どうぞよろしくお願いします。

ブログパパ

Author:ブログパパ
FC2ブログへようこそ!

FC2ブログランキング赤小
人気ブログランキング
人気ホームページランキングへ
ランキング参加中です。
ワンクリックご協力を

ネットビジネス入門
メールマガジン
グーグルアドセンス
SEO&アクセスアップ
ネットビジネス用語集
無料レポートスタンド
無料レポート&ツール
情報商材
最近の記事
最近のコメント
ブログ全記事表示
最近のトラックバック

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。