スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ネットビジネス用語集(な行)

 2008-05-13

■ナローバンド
高速インターネット回線のブロードバンドに対し、概ね128kbps以下の速度を持つ「低速な」通信回線のこと。特に、電話回線を通じたインターネットへのダイヤルアップ接続のことで、伝統的なアナログモデムやISDN回線などがこれに該当します。ADSLなどのブロードバンド接続が普及するにつれてナローバンドからの移行が進んでいます。しかし、全国どこでも利用できるナローバンド接続は依然として重要な通信インフラでもあります。

■ネタりか
ネタりかとは、ヤフーが提供するニュースサイトのこと。スポーツ報知、日刊ゲンダイ、ギズモード・ジャパン、毎日新聞 まんたんウェブ、Record China、アメーバニュース、独女通信などの掲載元からニュースを転載しています。「芸能」「追跡」「ガジェット」「アニメ」「びっくり」「コラム」の6つのジャンル別にニュースをリストアップしていて、エンターテイメント性の高いニュースが多いのが特徴。
ユーザ参加型の機能として、気になった本文に蛍光ペン風の「マーカー」をつけられるマーク機能が搭載され、他人の気になった部分もチェックできます。大勢がマークをつけた記事や部分が視覚的に表示され、どんなニュースが注目を集めるのか一目でわかります。ブログに書く記事に困ったとき、アクセスを集められるニュースを探したいときにチェックしたいサイトです。

■ネチケット
インターネット上でのエチケット「ネットワーク・エチケット(network etiquette)」を一語にまとめた造語。 インターネット等のネットワークを利用する人が守るべき倫理的基準。電子メールやメーリングリスト、WWW上の電子掲示板、チャット、NetNewsなどを利用する際に守るべき最低限のルールをまとめたものです。

インターネットの普及が加速し、商業利用が進んだ結果、ネットを利用した犯罪やトラブルが多発している現状で、行政による介入や法的規制が必要だという声もあります。特定人物の中傷や差別的な用語を用いないなどの一般社会でも通用する常識的なエチケットのほかに、チェーンメールの禁止や大容量メール配信の禁止、文字コードの制限など、ネットワーク特有のものもあります。


■ネットオークション
インターネットなどの通信サービス上で行われるオークション。「オンラインオークション」とも呼ばれる。Yahooオークション(通称ヤフオク)や楽天オークション、ビッダーズオークションが有名。
電子商取引(EC)の一種で、一般消費者同士が直接取引を行なう「C to C(Consumer to Consumer)」型の取引の代表的な形態。

出品者はWebサイト上に、商品の名称や写真、状態、最低価格、入札期限、配送方法、支払方法などの情報を掲載し、入札者が現れるのを待つ。期限内に最も高値を提示した入札者が商品を落札し、出品者と電子メールなどを使って連絡を取り合い、商品と代金を交換する。これら一連の処理を行なうためのシステムと「場」を提供し、出品者から手数料を徴収する事業が急速に伸びています。

出品や落札を無料にして、サイト内に掲載する広告で収入を得る事業者や、オークションシステムを顧客企業のブランドで運営するアウトソーシング事業者なども存在する。また、オークション成立後の個人間売買のための決済、物流などの個人向けサービスも登場しています。企業間の取引や、消費者への販売の新たな手法として用いられるケースも増えてきています。違法な物品が取引されたり、落札者が代金を支払ったのに商品が送られてこないなどのトラブルが年々急増し問題となっています。


■ネットサーフィン
インターネットから何かの情報を得ようと、あちこちと動き回ることを、波乗りに例えてこう呼んでいます。リンクをたどってあちこちのWebサイトを見て回ることをネットサーフィンと呼びます。

■ネットバンキング
コンピュータを使ってインターネット経由で銀行などの金融機関のサービスを利用すること。「インターネットバンキング」「オンラインバンキング」などとも呼ばれています。預金の残高照会、入出金照会、口座振り込み、振り替えなど、ATMで対応しているサービスが利用可能なほか、複数口座の一括管理や電子メールによる相談の受付など、独自のサービスが利用可能な銀行もあります。

銀行側も、窓口の維持管理にかかるコストを削減できることから導入に積極的なところが多く、都市銀行・地方銀行のみならず、一部の信託銀行でもネットバンキングサービスを開始している。サービスの利用方法で分類すると、Webブラウザを使うものと、専用のソフトウェアを使うものの2種類があります。

専用のソフトを使った方がセキュリティを高めやすく、操作性も向上させることが容易だが、ソフトウェアを新たに導入するのを負担に感じて敬遠されることが多いため、Webブラウザを使って利用できるサービスが主流になりつつあります。最近では、「iモード」などの携帯電話のインターネット接続機能を使ってネットバンキングが利用できる「モバイルバンキング」サービスも登場しています。


■ネームサーバ
インターネット上でのコンピュータの名前にあたるドメイン名を、住所にあたるIPアドレスと呼ばれる4つの数字の列に変換するコンピュータのことをネームサーバといいます。個々のネームサーバは自分が管理するネットワークに接続されたコンピュータのドメイン名とIPアドレスの対応表を持っており、外部からの問い合わせに答えます。

インターネットには無数のネームサーバが存在していて、ドメイン名に対応した階層構造になっています。最上位に位置するネームサーバは「ルートサーバ」と呼ばれ、全世界に13台が分散配置されています。全世界のネームサーバが連携してドメイン名とIPアドレスを対応させるシステムを「DNS」(Domain Name System)と呼ぶため、ネームサーバは「DNSサーバ」とも呼ばれます。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://infojpn123.blog43.fc2.com/tb.php/23-2f142a46
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール
数あるサイトの中でめぐり合えたのも何かの縁ですね!
どうぞよろしくお願いします。

ブログパパ

Author:ブログパパ
FC2ブログへようこそ!

FC2ブログランキング赤小
人気ブログランキング
人気ホームページランキングへ
ランキング参加中です。
ワンクリックご協力を

ネットビジネス入門
メールマガジン
グーグルアドセンス
SEO&アクセスアップ
ネットビジネス用語集
無料レポートスタンド
無料レポート&ツール
情報商材
最近の記事
最近のコメント
ブログ全記事表示
最近のトラックバック

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。